tap quan(習慣)


8月になって暑さも、ちょっとしたホームシックも乗り切った感じで、ちゃんと地に足が着いたような感覚。
ベトナムへ来てからも、来る前も、私はいつも、すごいタイミングで助けられてるなぁと感じることが、よくあります。
出会う人や、古い友達や、家族や先生。
それから、見えない何か。
宗教的にこれ!といって信仰しているものはないけれど、ご先祖さまには感謝しなければいけないな、と改めて思うようになりました。

私が実家を出て、沖縄の大学に通うため、一人暮らしをしていた時、両親は般若心経を覚えました。
50過ぎているので、覚えるのは大変だったようですが、ご先祖様に自分たちでお経をあげたいと思ったからだそうです。
「あなたも覚えて、お墓参りの時、3人で唱えよう」と言われましたが、覚える覚えると言って、なかなか着手してきませんでした。
ここへきて、般若心経覚えて帰るか!と思い、

ベトナム de 読経!!(笑)

朝起きて、水を飲んで、シャワーを浴びてさっぱりしたら、まず、紙を見ながら唱えてみる。
これから、毎日、少しづつ覚えていこうと思う。

でも、それからNha an(食堂)へ朝ごはんを取りに行っちゃう私はまだまだ俗人...
e0186658_10193053.jpg

[PR]
by m0ng | 2009-08-04 10:43 | VietNam
<< tuc ngu(ことわざ) Cua hang(DWCセンタ... >>