「ほっ」と。キャンペーン

tuc ngu(ことわざ)


Cho ba quanh moi nam, nguoi ba lam moi noi
(犬は辺りを3回うろついて安全を確かめてから寝る。人は3回確認してからはじめて物事を言う)
ベトナムにはこのようなことわざがあるそうです。

8月になって、契約期限の10/8まであと、残り2か月になった。
これから、どうするかを具体的に決めなくてはいけなくて、今まで非日常だったベトナムでの生活が、日を追うごとに日常に変わり、加えて日本での日常も戻ってくる。

今までの4か月は、とにかく、何をするにも必死で、「今日」をこなすことで手一杯だった。
慣れない気候。腹痛。全く聞き取れないベトナム語。教室に入る前の不安。初めて使う、お金の単位...
そういうもの一つ一つに、やっと慣れてきたら、今度は別の問題がやってくる。

悩んだ時こそ、よく考えて、安易に動いてはいけないのに、私の突っ走ってしまう癖はまだ治っていない。
昔はもっとひどくて、誰の意見も聞かないで、やって失敗した後での事後報告だった。
その度に、両親は「人の意見も聞きなさい!!」と言って怒ったけれど、見放されたことは一度もない...
弱音を吐かないでやり通すこととか、人に頼らないことが一番大切だと思っていて、それが、色濃く染みついている。
今思えば、私が沖縄の大学で過ごした4年間やベトナムに来たことは、「もっと上手に人と関わって生きなさい」という導きだったのかもしれない。
そうでなければ、こんなにおせっかい(?)なベトナム人を好きになっていないと思う。

「うっとうしいな~!一人にしてよ!!」と思ったことも、けんかしたこともあるけど、部屋にこもっていないで、外に出てみて良かったと思ったことの方が多い。
一人で生きてるわけじゃないのに、一人になりたがったり、寂しいと思ったりしている。
すごく勝手...人との関わりと熟考はとても大事という教訓。

e0186658_18382180.jpg

[PR]
by m0ng | 2009-08-05 19:53 | VietNam
<< di choi(遊び) tap quan(習慣) >>