Dao Cat Ba(カットバ島)


Leさんが、交渉してくれた、宿に泊まって、朝6時前に起こされた。
ベトナム人の朝は早い。そして支度も早い...
「Kamui di di!!」(Kamui行くよ!)と言われて、私は寝ぼけ眼のまま、支度を始める。
もう船の時間!?と思ってLeさんに着いていくと
e0186658_12485754.jpg

朝の海。この景色を見せるために連れて来てくれたのだった。
Leさんはもっとここに居たいと言っていて、私も同じ気持ちだったけれど、船の時間に急かされてQuan lan島をあとにした。
港は人が少なくてLeさんも「Buon nha...」(寂しいね)と呟いた。
e0186658_1251552.jpg

e0186658_12521630.jpg

私たちは、また4時間かけて港へ戻った。幸い(?)曇っていて日差しが強くなく、涼しかったことも手伝って、2人で爆睡してしまった...

港に着いて、Phoを食べた。バイチャイは海産物が有名だけれど、観光地なので、高いらしい。
Leさんは「ここは何でも高い」と文句を言っていた。
「バイチャイに泊まるのはやめようね」とも。

ところで「ハロン湾はいつ行くの?」と聞く私。
え?というふうに眉をしかめられ、「ここだよ」と言われる。
地図で下調べしなかったわたしも悪いが、今まで、船に揺られて見ていた景色は全部ハロン湾の中だった!?
でも、先輩に見せてもらった写真では、水は深い青だったはず!!
「ハロン湾の水は青じゃないの?」と聞いてみた。
Leさんはさらっと「青くないよ。Khong sach(きれいじゃない)」と言った。
私は先輩に見せてもらった写真のことを話して、水が青いと思っていたと話した。でも、先輩がハロン湾へ訪れたのは7年前だ。
Leさんは「昔は青くて綺麗だった。でも2年ぐらい前から水が汚くなった。観光客が大勢来るようになったから、今はごみがたくさん...」というようなことを話してくれた。
確かに見たくはなかったし、写真には納めなかったけれど、湾にはペットボトルやお菓子の袋や煙草の吸い殻、果物の皮などがたくさん浮いていた。
そんな中、私はいつになったら水の色が変わるのだろう。もっと沖へ出てからかな?とずっと待っていたのだった。
乗り合わせたベトナム人旅行者が、船の外にぽんぽんゴミを捨てているのも、ずっと気になっていた。
Leさんはそれをわかっているからか「外国人がたくさん来るようになったから」と言わず「観光客が」と言ったのだろうか。それに私も「外国人」である。このとき、言葉を選んでくれる、Leさんの細やかさを想った。
ベトナムは急速に近代化という名の発展を遂げているけれど、このままではもう後5年もしたら、私が今見ている光景は見られなくなるだろう...
案外、そういうものって「外の人間」が一番早く、気がつくものなのかもしれない。
彼らには当たり前すぎて、ありがたさが分かっていないのだ。

私があまりにもがっかりしていたからか、Leさんは「これからCat ba島へ行こう。Cat baはきれい」と言ってくれた。
私たちはTuan chauという港から1時間かけて、カットバ島へ向かった。
ガイドブックには“カットバ島への船はハイフォンからしか出ていないので注意”とあったが、Tuan chauからはたくさん出ているようだった。
こういうことも、ベトナム人にしかわからない。

カットバの港は無人島そのものだった。
e0186658_13183691.jpg

今夜はここに泊まろうと言われたけれど、こんなところに宿なんてあるのだろうか...
あったとしても、半野宿だろうな。とべたべたする体と不快感を意識しないように努めていた。
[PR]
by m0ng | 2009-09-03 13:23 | VietNam
<< Dao Cat Ba 2(カッ... du lich(旅行) >>