「ほっ」と。キャンペーン

sốt ruột(イライラ)


昨日、どうしても買い物に行きたくて、マスクをしてHanoiへ出かけた。
「ベトナムは空気が悪いよ~」と聞いていたけれど、昨日まで、そんなに悪いとは思っていなかった。
でも、最近、涼しくなって空気が乾燥してきたからか、街中、埃だらけで、昨日は目を開けているのもやっとだった。
え!?Hanoiってこんなに空気悪かった...?

マスクとサングラスは必須!
ベトナムではバイクに乗る人が多いからか、マスクと長い手袋がだいたい、どこへ行っても売っていて、それがまた、カラフル!
でも、私は日本から持っていった使い捨ての白いマスクを着用して行ったら、驚いたことに、いつも何やら話しかけてくるベトナム人たちが寄ってこない...!
一瞥して、避けられているような。

どうやら、保菌者(?)と思われたみたい。
一人になりたい時、又は、しつこいXe om(バイクタクシー)のおじさんに客引きされたくない時などにいいかも。

やっとのことで、BIG-C,(大型のスーパーマーケット)へ辿り着いて、必要なものをレジへ。
何も、昨日今日始まったことでは、ないのだけれど、買い物する時の割り込み多さ...
ちゃんと、並ぶ人も、もちろん居るけれど、「買う物が少ないから、私一人ぐらいいいでしょ」という考えの人が多い。
今までは、別に急いでいるわけでもないし、仕方ないなと思っていた。
昨日、私の前に「パン一つ買うだけだから!」と言って入ってきた女の子を、私の後ろにいたおばさんが「ちゃんと並びなさい」と注意していた。
女の子はふてくされて、列の最後尾に並んだ。

やれやれ。と思って品物を台の上に置いたら、今度は鶏肉を持ったおじさんが「これだけだから、いいよな」というような事を言って入ってきた。
周りの人たちは白い目でみていたけれど、何も言わなかった。
それに、イラっとした私は、「後ろへ行って下さい」と拙いベトナム語で言ってみた。
そしたら「あぁ?☆●×□※○▼~!!!」

ベトナム語の嵐嵐...

全部はわからなかったけれど、「すぐ終わるんだし、うるさいこと言うな」というような内容だったと思う。

久々に(というか実は少しづつ溜まっていた?)イライラがプッツーン!と切れて、
構わず日本語でまくし立ててしまった。

みんな並んでいるのに、そういう人勝手な人が一人でもいると、みんなが迷惑するし、真似するようになる!
現にあの女の子もあなたみたいな人見てるから、ああなったんでしょ!!

というような内容...
絶対伝わっていないと思うけれど、聞きなれない外国語におじさんはたじたじとなったのか、何も言わず退散して行った。
言ってしまった後に、激しく後悔。私の言い分は間違っていないと思うけれど、そんなことで怒ってしまった自分に嫌な気持ち...
それに、危ないということもわかっている。おじさんが逆切れして暴力行使に出る可能性だってあったのだし。

海外で暮らすということは、今まで、自分が「常識」と思っていたことが、通用しないことの方が多くて、全部が全部ベトナム人の考え方に合わせなければいけないということはないけれど、その折り合いをつけるのが難しい。たかが、4か月の私がこんなだから、長く住めば住むほど、そう感じることは多いんだろうな。
でも、安全第一だから、気を付けよう...

きっと、こういうのも悪気のない「常識」なんだろうな。↓
e0186658_1045337.jpg

[PR]
# by m0ng | 2009-08-09 11:32 | VietNam

benh cum(インフルエンザ)


「気を付けて!」と言われても...街中こんなだし。
e0186658_11235281.jpg


鶏のみならず、牛も堂々と歩道を歩いている。

Hanoi市内の小学校は3校、お休みになっているらしい。
センターのスタッフは「ここは大丈夫!」と言うけれど...

怖い...
[PR]
# by m0ng | 2009-08-07 11:27 | VietNam

di choi(遊び)


今日も1日が終わる。と私は思っていたけれど、一歩センターの外に出たら、子どもたちが遊んでいた。
昔は、学校が終わってから、「さぁ!遊びに行くぞ」というのが常で、そこからが、楽しい時間の始まりだった。

それは、どこの国の子どもたちにとっても変わらないみたい。
e0186658_20174919.jpg

[PR]
# by m0ng | 2009-08-05 20:26 | VietNam

tuc ngu(ことわざ)


Cho ba quanh moi nam, nguoi ba lam moi noi
(犬は辺りを3回うろついて安全を確かめてから寝る。人は3回確認してからはじめて物事を言う)
ベトナムにはこのようなことわざがあるそうです。

8月になって、契約期限の10/8まであと、残り2か月になった。
これから、どうするかを具体的に決めなくてはいけなくて、今まで非日常だったベトナムでの生活が、日を追うごとに日常に変わり、加えて日本での日常も戻ってくる。

今までの4か月は、とにかく、何をするにも必死で、「今日」をこなすことで手一杯だった。
慣れない気候。腹痛。全く聞き取れないベトナム語。教室に入る前の不安。初めて使う、お金の単位...
そういうもの一つ一つに、やっと慣れてきたら、今度は別の問題がやってくる。

悩んだ時こそ、よく考えて、安易に動いてはいけないのに、私の突っ走ってしまう癖はまだ治っていない。
昔はもっとひどくて、誰の意見も聞かないで、やって失敗した後での事後報告だった。
その度に、両親は「人の意見も聞きなさい!!」と言って怒ったけれど、見放されたことは一度もない...
弱音を吐かないでやり通すこととか、人に頼らないことが一番大切だと思っていて、それが、色濃く染みついている。
今思えば、私が沖縄の大学で過ごした4年間やベトナムに来たことは、「もっと上手に人と関わって生きなさい」という導きだったのかもしれない。
そうでなければ、こんなにおせっかい(?)なベトナム人を好きになっていないと思う。

「うっとうしいな~!一人にしてよ!!」と思ったことも、けんかしたこともあるけど、部屋にこもっていないで、外に出てみて良かったと思ったことの方が多い。
一人で生きてるわけじゃないのに、一人になりたがったり、寂しいと思ったりしている。
すごく勝手...人との関わりと熟考はとても大事という教訓。

e0186658_18382180.jpg

[PR]
# by m0ng | 2009-08-05 19:53 | VietNam

tap quan(習慣)


8月になって暑さも、ちょっとしたホームシックも乗り切った感じで、ちゃんと地に足が着いたような感覚。
ベトナムへ来てからも、来る前も、私はいつも、すごいタイミングで助けられてるなぁと感じることが、よくあります。
出会う人や、古い友達や、家族や先生。
それから、見えない何か。
宗教的にこれ!といって信仰しているものはないけれど、ご先祖さまには感謝しなければいけないな、と改めて思うようになりました。

私が実家を出て、沖縄の大学に通うため、一人暮らしをしていた時、両親は般若心経を覚えました。
50過ぎているので、覚えるのは大変だったようですが、ご先祖様に自分たちでお経をあげたいと思ったからだそうです。
「あなたも覚えて、お墓参りの時、3人で唱えよう」と言われましたが、覚える覚えると言って、なかなか着手してきませんでした。
ここへきて、般若心経覚えて帰るか!と思い、

ベトナム de 読経!!(笑)

朝起きて、水を飲んで、シャワーを浴びてさっぱりしたら、まず、紙を見ながら唱えてみる。
これから、毎日、少しづつ覚えていこうと思う。

でも、それからNha an(食堂)へ朝ごはんを取りに行っちゃう私はまだまだ俗人...
e0186658_10193053.jpg

[PR]
# by m0ng | 2009-08-04 10:43 | VietNam